Gallery

女性

チェリー・ブロッサム

ロック・バンドdeep purpleの歌から思い浮かんだ春のイメージです。

チェリー・ブロッサム
2004年から2005年に制作。原画サイズはA4。色鉛筆とマーメイド紙を使用。

Heavy Metal Pioneerと称される世界的ロック・バンドdeep purpleの歌『A TOUCH AWAY』から思い浮かんだ絵です。
はせがわ流「かちょう画」のひとつで、2005年出版のポストカードブック『花鳥蝶かちょう』に収録されています。
2008年9月の個展『三日展』で展示もしました。

≫ Read More

ファンタジー   2021/11/05   はせがわ絵馬

思いを抱いて

以前から心の中にあるイメージと、好きな歌のイメージが合わさった絵です。

思いを抱いて
2008年9月制作。原画サイズはA4。色鉛筆とマーメイド紙を使用。

好きな日本のロック・シンガー、森重樹一(ZIGGY)さんのソロ活動の中の1曲『GYPSY ROSE』(アルバム『CHRONIC LAY ABOUT』収録)を聴いていて思いついた絵です。
届かない思いが、スコアに絡まるという歌詞を聴いた時に、このイメージが浮かびました。
この歌にめぐり会うずっと前…10代の頃から、私の中には、『茨が体に巻きついていて、動くほどに、そのトゲで傷ついてゆく』というイメージがあり、そのイメージと、この歌のイメージが融合したのが、この絵です。

2008年9月の個展『三日展』で初公開した作品のひとつです。

≫ Read More

ファンタジー   2021/10/12   はせがわ絵馬

Angel in White~bright~

医療関係の方々へ感謝を込めて。

Angel in White~bright~
2008年3月制作。原画サイズはA4。色鉛筆とマーメイド紙を使用。

命の輝きを守る「白衣の天使」(医療関係の方々)へ感謝とエールを…。

そんな気持ちで描いている『Angel in White』シリーズの2008年版です。

2008年9月の個展『三日展』で展示しました。

≫ Read More

ファンタジー   2021/09/19   はせがわ絵馬

水の花

香水から思い浮かんだイメージです。

水の花
2008年6月制作。原画サイズはA4。色鉛筆とマーメイド紙を使用。

水の花」という意味の、フルール・ド・オウという古い香水のイメージです。
ブランドはロシャスで、日本人女性に捧げられた香り…という説があるので、黒髪の女性が思い浮かびました。
2008年9月の個展『三日展』で初公開した作品のひとつです。

≫ Read More

ファンタジー   2021/09/19   はせがわ絵馬

氷の花

2018年9月制作。CLIP STUDIO PAINTを使用。

氷の花

ユーザー登録しているイラスト投稿・閲覧サイトpixivの『今日のお題』の「氷」から思いついた絵です。
花氷(はなごおり)と氷の彫刻を合わせたようなものをイメージして描きました。

≫ Read More

ファンタジー   2021/07/12   はせがわ絵馬

緑の風2008~2020

2008年~2020年制作の4点+ラフ1点。

最近、日本国内ではあまり見かけなくなりましたが、ヴァン・ヴェールという名の、古い香水(ブランドはピエール・バルマン)があります。
緑の風」という意味で、その名の通り、甘さ控えめな爽やか系の香りで、いわゆるグリーン系の草分け的存在と言われています。

新緑の季節になるとこの香水の事を思い出して、この香水をイメージした絵を何度か描いています。
今回はサイトリニューアル前に公開していた4点+未公開(のはず。たぶん。)のラフ1点を、まとめてご紹介します。

まず、最初の作品。
緑の風2008
2008年5月制作で、灰色が混じったような鈍い水色のマーメイド紙に、油性色鉛筆で描いています。

次は2011年6月制作の作品。
緑の風2011
こちらは白のマーメイド紙に、油性色鉛筆とパステルを併用して描きました。

3点目と4点目は、それぞれ2018年と2020年の5月制作で、デジタル技法→CLIP STUDIO PAINTを使用。
緑の風2018
緑の風2020
完成作品はデジタルですが、ラフは紙に鉛筆で描いています。
緑の風2020のラフ
それをスキャナーで取り込んだものをベースにして、CLIP STUDIO PAINTで下描き~仕上げまでを行いました。

≫ Read More

ファンタジー   2021/05/20   はせがわ絵馬